呼んでください
何のために存在するのか
考えてみる
何でぼくはここにいるのだろうと
そう首をかしげると同時に
何でぼくは存在できているのだろうと
ふと疑問に思う

ぼくが ぼくで あるなんて
そんな証拠はどこにもないのに
それでも
ぼくは ぼくだ。

だから きっと
人が名前でよぶのは
他人と自分を区別するためで
自分は他人と違って
すごい人なんだと思いたいからであって

だから 名前は
ぼくがぼくである
唯一の証拠なんだ。

ぼくが ぼくで あるために
ぼくが ぼくで あっていいために

どうか
どうか名前を――