そう考えて、ただ君の幸せを願う

何か声をかけた方が良いのかなと思っても、何と声をかければ良いのかわからない。私の出る幕ではないとも思うし、少しでも力になりたいとも思う。

結局の所、これは彼女の問題でしかないのだ。私が何を言った所で、彼女が変わらなければ何の意味も持たない。弱音を吐き出してもらわなければ、何故苦しいのかすら推測でしか感じられないのだから。もどかしいがそういうものなんだ。そこをきちんと理解しなければ、かけた言葉の全てが無駄になる。無に帰るだけならまだ良い。重荷になる可能性だってあるし、自分が理解されないと悲観する可能性もある。よかれと思って連ねた言葉が、逆に彼女を苦しめる事になどなれば、私はどんな顔をして彼女に会えば良いのだろう?

無力な私は祈ることしか出来ない。


君が幸せであるように、と。